アメリカ版社労士さんに聞くQ&A

転職・求職を成功させるために、プロの視点からアドバイスをご紹介致します。

  • 売上を2倍にするためには、目標設定をどうしたらいいの?

    目標設定や人事評価の研修をすると
    「営業部門の目標設定は簡単なのですが・・・」
    という回答が必ず出てくる。

    本当に営業部門の目標設定は簡単だろうか?

    営業部門の目標設定を売上や利益といった数値目標だけにしていないだろうか?

    つまり、結果にフォーカスした目標設定だけをしていないだろうか?

    という質問である。

    実は営業成績を上げる鍵はいかに「結果目標」を掲げるかではなく
    いかに「行動目標」を掲げるかにかかっているのである。

    営業は結果が問われるが、結果は自分でコントロールできないからだ。

    売れるか、売れないかは営業担当者は決定できない。

    お客様が決定するからだ。

    自分でコントロールできないことに目標をおくよりも、
    自分でコントロールできる目標にフォーカスすべきだ。

    例えば、
    お客様とアポイントメントをとるための行動(電話、メール、訪問)
    お客様とお話する時間
    お客様に提案する回数
    等自分で行動をすれば目標が達成する行動にフォーカスを置こう。

    それも大量の行動を起こす目標を設定しよう。

    その大量の行動を起こすことに対して、営業の仲間同士でお互いの行動を賞賛し感謝してみよう。 営業チームでLINEのグループを創ってもいい。

    行動に対する賞賛、それに対する感謝のスタンプがとびかう営業チーム

    Vol.019

    Uploaded : 08/31/2015

山口 憲和さん - フィロソフィ保険サービス

●2000年から様々な人事労務管理のケースに携わっております。
●企業設立時のビジネス保険、労災保険、健康保険、就業規則作成、労務管理アドバイスで皆様のお役に立つことを使命としております。

アメリカで部下を持って悩んでいる方へ http://hr.cocolog-nifty.com/

error