アメリカ版社労士さんに聞くQ&A

転職・求職を成功させるために、プロの視点からアドバイスをご紹介致します。

  • 謙虚であり続けるための努力とは?

    週に1度、Harvard Business Reviewからキーワードを拾い出すメルマガを書き始めて12年程になる。 http://www.mag2.com/m/P0001355.html

    時々はっとするようなフレーズに出会うことがある。

    The question now is not whether people have the right skills;
    it’s whether they have the potential to learn new ones.
    問題は適切なスキルを持っているか否かではない。
    新しいスキルを学ぶ潜在能力があるか否かが問われるのだ。

    確かにそうだ。

    皆さんうなづく。

    ではその具体的な潜在能力とはどんな能力なのか?

    1. a strong motivation to excel in the pursuit of challenging goals combined with the humility to put the group ahead of individual needs;

    2. an insatiable curiosity to explore new ideas and avenues;

    3. keen insight into connections that others don’t see;

    4. a strong engagement with work and people;

    5. and the determination to overcome obstacles.

    1. 個人よりも組織のゴールを優先させる謙虚さがあり、

    2. 同時にチャレンジングなゴールを徹底的に成し遂げようとするモチベーションを持った人。

    3. 新しいアイデアや道を探求する飽くなき好奇心 他の人が持ち合わせていないような鋭い洞察力

    4. 仕事や人への強い関与力

    5. 障害があっても必ず乗り越えようとする強い意志

    このような鍵となる能力の特質に「謙虚さ」という言葉が入っていることにいつもハッとさせられる。ああ、このような謙虚さは日本人にとってみたら永年受け継がれた美徳だと。

    ZapposのValueに並んだ言葉の中にBe Humble(謙虚であれ)を見つけた時に同じようにハッとさせられた。

    謙虚であり続けるために私は今日どんな努力ができただろうか?

    そんなカルチャーが会社に根付かせることができたならば、きっとその会社は学び続ける潜在能力をいっぱい秘めた会社になる。

    あなたの会社では謙虚であり続けるためにどんな努力をしていますか?

    Vol.017

    Uploaded : 06/30/2015

山口 憲和さん - フィロソフィ保険サービス

●2000年から様々な人事労務管理のケースに携わっております。
●企業設立時のビジネス保険、労災保険、健康保険、就業規則作成、労務管理アドバイスで皆様のお役に立つことを使命としております。

アメリカで部下を持って悩んでいる方へ http://hr.cocolog-nifty.com/

error