アメリカ版社労士さんに聞くQ&A

転職・求職を成功させるために、プロの視点からアドバイスをご紹介致します。

  • 15日ごとに給与を支払っていますが、合計で80時間を超えた部分を残業代として計算すればよいですか?
    15日ごとに残業代を計算しているということですが、残業はWORK WEEKという考え方で計算する必要があります。
    例えば、月曜日を週の初めと設定した場合、月曜日から日曜日までの7日間で労働時間を区切って考えます。
    この1週間のうちに、
    1日8時間を超えたら1.5
    1日12時間を超えたら2

    1週間で7日連続で働いたら7日目の最初から1.5
    1週間で7日連続で働いたら7日目の8時間を超えたら2

    という法律があります。

    15日ごとに計算する場合は、WORK WEEKがPAY PERIODとずれることがありますので、注意をして下さい。

    Vol.003

    Uploaded : 7/24/2014

山口 憲和さん - フィロソフィ保険サービス

●2000年から様々な人事労務管理のケースに携わっております。
●企業設立時のビジネス保険、労災保険、健康保険、就業規則作成、労務管理アドバイスで皆様のお役に立つことを使命としております。

アメリカで部下を持って悩んでいる方へ http://hr.cocolog-nifty.com/

error