アメリカ版社労士さんに聞くQ&A

転職・求職を成功させるために、プロの視点からアドバイスをご紹介致します。

  • 7月1日から最低賃金が上がると聞いていますが、どのようになるのでしょうか?
    カリフォルニア州では7月1日から最低賃金が$9になります。
    一番皆さんが苦労されているのは勤務経験を積んでやっと時給が$9になった従業員、あるいは時給$10になった従業員の処遇をどうするか、ということです。
    今伺っている限りでは、$8の従業員は$9になるが、今$9の従業員さんの賃金が自動的に上昇することはない、と説明している企業さんが多いように思います。

    賃金が上昇するということは企業の支払う労災保険、失業保険、その他企業が支払う給与税等を考慮すると大きなインパクトになります。
    最低賃金以外の従業員さんの賃金上昇は慎重にならざるを得ません。

    また、Exempt(残業代の出ないポジション)の従業員の最低賃金も上昇します。
    年間の最低賃金が$37,440(月額$3,120)です。
    Exemptは自分の意思決定で仕事をして、一般的に採用や解雇の権限を持つポジションです。スタバの店長さんが時間の50%以上を一般のバリスタと同じ仕事をしているという理由でNon-Exemptとされたのは記憶に新しいところですね。
    Exemptの処遇は会社が決めるのはなく、法律が決めます。この点も注意したいところです。

    Vol.001

    Uploaded : 6/26/2014

山口 憲和さん - フィロソフィ保険サービス

●2000年から様々な人事労務管理のケースに携わっております。
●企業設立時のビジネス保険、労災保険、健康保険、就業規則作成、労務管理アドバイスで皆様のお役に立つことを使命としております。

アメリカで部下を持って悩んでいる方へ http://hr.cocolog-nifty.com/

error