MIHO HASUO

日本にいたら会えなかったような方々に会えるし、色んなお話が出来るので毎日感動する事が多いです。

-今の仕事を始めてどのくらいですか?

30年くらい!(笑) 今のサロンでは8年くらいです。

-今の仕事の好きなところを教えて下さい

好きなところは、毎日お客様と会ってお話出来る事、同じ仕事でも毎日変化がある事、時間が割と自由に自分でコントロール出来る事ですね。

-今の仕事の大変な部分は?

大変なところは、全部一人でやっているので全部一人でやらなければいけない、という所です。仕入れ、片付け、宣伝など全てが私の仕事です。 特にお掃除かな。 掃除してくれる人が欲しい〜(笑)
あとは、お金の面でも苦労する事はありました。やはり一人でやっているので。

-大変な事があったとき、どのようにそれを乗り越えますか?

割とプラス思考なので、あまり嫌な事が無いので乗り越えるという感じでは無いですね。掃除がヤな時は誰か連れて来て手伝ってもらうとか。(笑)

-今まで仕事で一番感動した事を教えて下さい

やっぱり人との出会いですね。特にアメリカ、ロサンゼルスで仕事をしているので、日本にいたら会えなかったような方々に会えるし、色んなお話が出来るので毎日感動する事が多いです。
美容師という職業は、普段自分の友達からのつながりだったらあまり話さないだろうという方々とも話せる機会があるので、びっくりする事も多いです。それは本当に面白いですね。

-日本とロサンゼルスにおいて、「働き方の違い」を教えて下さい

働き方が様々なので、時間や場所も自分の好きなように調整出来る事です。日本だったら私の年齢であればもう経営者側になってる人がほとんどで、見てると大変そう。。。
私は人を使う事は想像出来ないので、この環境だからこそやりたいようにやれている事が嬉しいです。本当にわがままというか、いいペースで仕事出来てます。この仕事始めたのも初期投資はほとんどかからずスタート出来ました。

-今後仕事を拡張させていく上で、どういった人材を求めますか?

今は一人で仕事をしているこの環境が好きなので、新しく雇う事は考えていませんが、一緒に仕事をするのであれば、同じレベルの人がいいですね。
もしくは、自分に出来ない事を出来る人が理想です。

-美容師を目指している方へのアドバイスはありますか?

やっぱり基礎。技術的に基礎がきちんと出来ていないと、他を頑張っても、ある程度しかいけないと思うんです。基礎が出来ている人は、精神的にも落ち着いている人が多い気がします。
好きな美容師さんがいたらその方のやり方を徹底的に学ぶとか、とにかく学ぶ時期というのは必要だと思います。
特にアメリカで美容師をやるには、当然日本の技術力が求められるので、(日本のサロンが好き、日本の技術に一目置いているアメリカ人の方や日本の技術力が好きな日本人の方など)、日本できちんと学んだ人の方が強いと思います。 アメリカの美容師さんだったらアメリカにもたくさんいますので。
ここは日本人を含め、アジア圏のお客様が多いですが、やはり技術を求めて来てくれていると確信しています。
日本で培ったベースに、アメリカのエッセンスが加わった、というようなスタイルでビジネスをしていますが、それがここのセールスポイントにつながっています。

インタビューを終えて

いつも明るく笑いの絶えない会話を楽しませてくれるMihoさんは、その会話目当てに行く方もいるのでは?と思う程、親しみやすい美容師さん。インタビュアーも渡米以来ずっとお世話になっていますが、くせ毛のやりづらい、そして注文の多い難題も軽くこなしてくれる敏腕で、お客様もほとんどがリピートするというのも納得。
今は個人サロンが集まった「Salon Republic」内にて営業している為、Mihostyleでの人材募集はありませんが、個人でいずれサロンを開きたい、という方は、こういった形式でのビジネスもあるというのは参考になるのでは?

まずは、基礎をしっかり、というアドバイス通り、きちんとサロンでしっかり技術を身につける事はとっても重要です!

Information

MIHO STYLE
http://www.mihostyle.com

9911 West Pico Boulevard 200
Studio 6 at Salon Republic
Los Angeles, California 90035
(310)963-3277
Hours : 10:00 AM -6:00 PM

error